慶応・大川 冷や汗失策 指揮官「負けてたら野球やめてしまうところ」

[ 2018年8月6日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第1日・1回戦   慶応3―2中越 ( 2018年8月5日    甲子園 )

<慶応・中越>7回無死、中越・広瀬の左前打を慶応・大川が捕り損ね、生還を許す(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 冷や汗ものの失策を乗り越えた。7回に慶応(北神奈川)の左翼・大川が広瀬の左前打を捕り損ね、打球が後方へ転々とする間に本塁まで走られ同点に追いつかれた。

 大川は3回にバスターエンドランを決めて勝ち越しにつなげるなど攻撃では貢献。森林監督は「これで負けてたら大川は野球をやめてしまうところ。同点はOK、とベンチから自然に声も出ていた」と周りのフォローに目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース