重盗あり完投あり 済美 チームの「和」を全面に初戦突破

[ 2018年8月6日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第1日・1回戦   済美5―4中央学院 ( 2018年8月5日    甲子園 )

<中央学院・済美>4回2死一、三塁、打者・矢野(後方左)の時、重盗で済美・山田が生還(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 済美(愛媛)が昨夏は強力打線でベスト16進出を果たしたが、今年は「和」を前面に出して戦う。初回は犠打を絡めて1死一、三塁とし、主将・池内の中犠飛で先制。3―2の4回2死一、三塁では、あっと驚く重盗で加点した。

 愛媛大会5試合を一人で投げ抜いた1メートル71のエース山口直は「完投は当たり前だと思っている」と、7安打4失点で今大会完投一番乗り。中矢太監督は「不思議なくらい着実に力を付けてきた。私もやっていて楽しい」と成長に目を細めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース