“8回の男”球児 1回零封 金本監督「本当にいい仕事」

[ 2018年8月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―1ヤクルト ( 2018年8月5日    京セラD )

<神・ヤ>8回に登板し、好投した藤川(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 2点優勢の8回を任されたのは阪神・藤川だった。ヤクルト側の代打攻勢を予想された8番からの打順。3割打者が並ぶ上位打線も控える難所を託された。香田投手コーチは「(基本的には)中軸という所でいってもらっている。打順とか右左とかで(起用を)変えている」と説明。日ごとに変わる難しい役割に応え、ドリスにつなぐセットアッパー役を見事に務めた。

 最初に迎えた代打の畠山に対しては直球勝負を挑んだ。6球のうち変化球は1球だけ。フルカウントから内角低めの直球で二ゴロに仕留めた。続く代打の塩見に四球を与えた後、坂口、青木の1、2番を左飛と二飛に退けた。全球直球で圧倒した凡飛だった。

 「昔は6回も7回も8回も全部投げていましたから。それが普通でしたから。9回以外は右と左の兼ね合いでいける。それは大丈夫。7回、8回を固定する方がよくない」

 首脳陣の方針も理解した上で平然と任務を果たす雄姿は藤川なればこそ。前夜は同点の7回から登板し、2番からの打順を無失点に抑えたばかりだ。優勢時の8回にマウンドに上がるのは6月2日の西武戦以来、今季2度目。ドリスが体調不良で登板できない非常事態だった前回とは事情が異なり、ブルペン内での存在感は高まる一方だ。

 金本監督も目を細める。「本当に(能見と藤川が)いなかったら、どうなっているのかな…というチーム状態ですけど、本当にいい仕事をしてくれている」。投手陣、特に救援陣が猛虎の生命線であることは変わらない。「任された回は最後まで投げきろうと思っています」。熱い夏。38歳の球児は頼もしくフル回転を誓った。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース