ロッテ涌井 2発に沈む 再び自力V消滅

[ 2018年8月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―4楽天 ( 2018年8月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>7回2死、田中(左)に右越えソロを打たれた涌井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテ・涌井が2発に沈んだ。初回に先制した直後に同点とされ、1―1の2回無死ではウィーラーに左中間へ運ばれるなど2失点。味方が1点差とした7回2死も田中に直球を右翼へ被弾した。

 今季3試合、防御率0・39の楽天に6回2/310安打4失点で7敗目。「取ってもらった後の失点がよくなかった」。井口監督も「涌井はそういう(得点の後の失点)のが多い」と苦言を呈した。連勝も止まり借金1。再び自力優勝の可能性も消滅した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース