大谷 サイ・ヤング賞右腕に沈黙 指揮官「翔平にとってタフな夜」

[ 2018年8月6日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス0―3インディアンス ( 2018年8月4日    クリーブランド )

<インディアンス・エンゼルス>4打数無安打に終わった大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷は14、17年のサイ・ヤング賞投手の右腕クルバーに4打数無安打に封じられ、チームも零敗を喫した。

 「内外角をうまく攻められた。誰にとってもそうだが、翔平にとってタフな夜だった」とソーシア監督。2本塁打を含む4安打3打点と大暴れした前夜とは一転、カットボールとツーシームに苦しみ2三振。「工夫しないとなかなかチーム単位でも打てない」と警戒していたが、4月に1発を放った相手エースに雪辱された。 (柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース