佐久長聖・藤原監督 史上初のタイブレークに「どうしようかなと」采配はひらめきで

[ 2018年8月6日 20:01 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会1回戦   佐久長聖5―4旭川大高 ( 2018年8月6日    甲子園 )

<旭川大・佐久長聖>14回無死満塁、上田は二塁に転がし、これが決勝打となる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 佐久長聖(長野)が大会史上初のタイブレークに突入した旭川大高(北北海道)との1戦を5―4で制して2014年以来4年ぶりとなる夏1勝を挙げた。

 佐久長聖は4―3と1点リードして迎えた9回に1点を奪われ、4―4で今大会初の延長戦に突入。9回から延長12回まで4イニング連続でサヨナラ負けのピンチに直面しながら最後の一打を許さず、13回からは大会規定によりお互いに無死一、二塁から攻撃を始めるタイブレーク制に突入した。

 適用2イニング目となった14回、先攻の佐久長聖は先頭・真銅の三塁への内野安打で無死満塁としてから上田の二塁ゴロの間に1点勝ち越し。その裏、8回から登板していた3番手の北畑が旭川大高の攻撃を無失点に抑えた。

 藤原監督は歴史的な1勝に「粘って粘ってよくやってくれました」と興奮さめやらず。「タイブレークの経験が1回ぐらいしかなかったものでどうしようかなと考えてたが、その場その場のひらめきで確実にということで」と13回、14回はともに先頭打者に送りバントを指示。13回はバント失敗に終わったが、14回は真銅が絶妙な三塁線へのバントで安打として満塁とチャンスを広げ虎の子の1点をもぎ取った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース