平野、2/3回を無失点 暴投でピンチ広げるも三振で切り抜ける

[ 2018年8月6日 09:27 ]

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は5日、フェニックスで行われたジャイアンツ戦で、2―2の6回1死一塁から2番手で登板し、2/3回で無安打無失点、1三振1暴投だった。勝敗などは付かず、防御率は2・25。チームは2―3で敗れた。

 6回、同点に追いつかれた直後の1死一塁の場面で登板。六番・パニックの一ゴロの間に走者は二塁へ。続くヘルナンデスの時に暴投で三進されたが、見逃し三振に打ち取って無失点で降板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月6日のニュース