30日は4地区で決勝 全56代表決定へ 大阪桐蔭、根尾で連覇なるか

[ 2018年7月30日 07:30 ]

大阪桐蔭・根尾
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は30日に西東京、北神奈川、北大阪、岡山の4大会で決勝が行われ、全56代表が出そろう。

 北大阪は、プロ注目の二刀流・根尾を擁する今春センバツ覇者の大阪桐蔭が連覇を目指し、大院大高と対戦する。西東京は日大三と日大鶴ケ丘の「日大対決」。北神奈川は準決勝で東海大相模を撃破した慶応が08年以来10年ぶりの出場を懸け、桐光学園と対戦する。岡山は創志学園と岡山学芸館が対決する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース