ヤンキース ハップが移籍後初登板初勝利 守護神チャプマンは完璧救援

[ 2018年7月30日 12:08 ]

ア・リーグ   ヤンキース6―3ロイヤルズ ( 2018年7月29日    ニューヨーク )

<ヤンキース・ロイヤルズ>先発したハップ (AP)
Photo By AP

 ヤンキースは29日のロイヤルズ戦に6―3で勝利。これで同カード4連戦を3勝1敗と勝ち越した。

 ヤンキースはトレードで獲得したばかりのハップが先発。移籍後初登板で6回3安打1失点のクオリティー・スタートをマークして今季11勝目を挙げた。

 右手首の骨折でジャッジを欠く打線は9安打6得点。4番に座ったヒックスは初回に先制の右越え2ランなど3打数3安打2打点と活躍した。

 9回は守護神チャプマンが三者凡退の好リリーフで28セーブ目をマーク。ドジエル、ゴードン、エスコバルと5番から始まる打線を3者連続三振に切って取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース