大谷 2日ぶりキャッチボール 35メートルで30分

[ 2018年7月30日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス11―5マリナーズ ( 2018年7月28日    アナハイム )

2日ぶりのキャッチボールを行ったエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 大谷は試合前に2日ぶりのキャッチボールを行った。

 復帰後最長の約35メートルの距離で約30分間、セットポジションからフォームの確認を行った。早ければ8月下旬の投手復帰が予想されるが、マイク・ソーシア監督は「まだ同じような状態で、後退しているわけではない。まだ大事な時期ではない」と慎重だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース