ダル 回復順調!右肘違和感「前より気にならない」表情明るく

[ 2018年7月30日 05:30 ]

 右肘の炎症などのため離脱しているカブスのダルビッシュは、テークバックを小さくしたキャッチボールを行った。

 前日には6割程度の力で投球練習。患部の違和感は「昨日の今日なので少しあるけど、前に比べると気にならない程度」という。今後はマッサージなどで腕をほぐしながら練習を続ける方針で「次は31日ぐらいにまたブルペンで投げるので、それでどうなるか」と表情は明るかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース