ハム、トンキン乱調で3連勝ならず 栗山監督「良いときも悪いときもある」

[ 2018年7月30日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―8オリックス ( 2018年7月29日    札幌D )

8回、勝ち越しを許し肩を落とす日本ハムのトンキン
Photo By 共同

 日本ハムはセットアッパーのトンキンが乱調で、3連勝はならなかった。同点の8回に登板して先頭打者への四球から2点を失った助っ人右腕は「先頭への四球は最悪の形。ボール先行になったことが一番悪い。疲れはない」と反省。

 2位で首位の西武を追いかける中で接戦を落とす形となったが、栗山監督は「(トンキンは)良いときも悪いときもある。次に生かしてくれると信じている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース