大谷同僚がMLB新記録!アルシア デビュー2戦で10打点の大暴れ

[ 2018年7月30日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス11―5マリナーズ ( 2018年7月28日    アナハイム )

マリナーズ戦の3回、3ランを放つエンゼルス・アルシア(右)(AP)
Photo By AP

 エンゼルスは28歳の新人捕手アルシアがデビュー2試合で計10打点の大リーグ新記録を樹立した。

 26日のデビュー戦の4打点に続き、この日は3ランなどで6打点を荒稼ぎし「(前の試合後と)同じ気持ち。素晴らしい。幸せな気持ち」と声を上ずらせた。正捕手マルドナドがアストロズにトレード移籍し、出番を得た。12年間のマイナー暮らしが続いたベネズエラ出身の苦労人は「毎回が最後の試合だと思って、こういう機会をどんどんつかみたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース