甲子園出場全56代表決定 春王者・大阪桐蔭が23点圧勝で勝ち名乗り!6校が初出場

[ 2018年7月30日 16:00 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会 ( 2018年7月30日 )

西東京決勝<日大鶴ヶ丘・日大三>胴上げを受け笑顔を見せる日大三・小倉監督(撮影・西尾大助)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は30日に西東京、北神奈川、北大阪、岡山の4大会で決勝が行われ、全56代表が出揃った。北大阪大会ではプロ注目の二刀流・根尾を擁する今春センバツ覇者の大阪桐蔭が大阪大会決勝の新記録となる23得点をあげる圧勝で甲子園出場の切符をつかんだ。

 西東京大会では日大三が日大鶴ケ丘との“日大対決”を5―3と9回サヨナラで制し、北神奈川大会は慶応が桐光学園との接戦をものにし10年ぶりの優勝。最後に決着がついた岡山大会は創志学園が2年ぶりとなる夏の甲子園出場を決めた。

 これで全56地区の代表が決定し、初出場は中央学院(西千葉)、白山(三重)、明石商(西兵庫)、奈良大付(奈良)、折尾愛真(北福岡)、沖学園(南福岡)の計6校。4年ぶりの優勝を果たした龍谷大平安(京都)が今大会最多34回目の出場となった。

 以下、全出場校一覧。

 【北海道・東北地方】北北海道=旭川大高(9年ぶり8回目)、南北海道=北照(5年ぶり4回目)、青森=八戸学院光星(2年ぶり9回目)、岩手=花巻東(3年ぶり9回目)、宮城=仙台育英(2年連続27回目)、秋田=金足農(11年ぶり6回目)、山形=羽黒(15年ぶり2回目)、福島=聖光学院(12年連続15回目)

 【関東地方】茨城=土浦日大(2年連続4回目)、栃木=作新学院(8年連続14回目)、群馬=前橋育英(3年連続4回目)、北埼玉=花咲徳栄(4年連続6回目)、南埼玉=浦和学院(5年ぶり13回目)、東千葉=木更津総合(3年連続7回目)、西千葉=中央学院(初出場)、東東京=二松学舎大付(2年連続3回目)、西東京=日大三(5年ぶり17回目)、北神奈川=慶応(10年ぶり18回目)、南神奈川=横浜(3年連続18回目)

 【中部地方】新潟=中越(2年ぶり11回目)、山梨=山梨学院(3年連続8回目)、長野=佐久長聖(2年ぶり8回目)、富山=高岡商(2年連続19回目)、石川=星稜(2年ぶり19回目)、福井=敦賀気比(3年ぶり8回目)、岐阜=大垣日大(2年連続5回目)、静岡=常葉大菊川(2年ぶり6回目)、東愛知=愛産大三河(22年ぶり2回目)、西愛知=愛工大名電(5年ぶり12回目)

 【近畿地方】三重=白山(初出場)、滋賀=近江(2年ぶり13回目)、京都=龍谷大平安(4年ぶり34回目)、北大阪=大阪桐蔭(2年連続10回目)、南大阪=近大付(10年ぶり5回目)、東兵庫=報徳学園(8年ぶり15回目)、西兵庫=明石商(初出場)、奈良=奈良大付(初出場)、和歌山=智弁和歌山(2年連続23回目)

 【中国・四国地方】鳥取=鳥取城北(3年ぶり5回目)、島根=益田東(18年ぶり4回目)、岡山=創志学園(2年ぶり2回目)、広島=広陵(2年連続23回目)、山口=下関国際(2年連続2回目)、徳島=鳴門(2年ぶり12回目)、香川=丸亀城西(13年ぶり5回目)、愛媛=済美(2年連続6回目)、高知=高知商(12年ぶり23回目)

 【九州・沖縄地方】北福岡=折尾愛真(初出場)、南福岡=沖学園(初出場)、佐賀=佐賀商(10年ぶり16回目)、長崎=創成館(3年ぶり2回目)、熊本=東海大熊本星翔(35年ぶり2回目)、大分=藤蔭(28年ぶり2回目)、宮崎=日南学園(2年ぶり9回目)、鹿児島=鹿児島実(3年ぶり19回目)、沖縄=興南(2年連続12回目)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース