楽天、連勝4でストップ 武田の“まっスラ”に脱帽「完敗」

[ 2018年7月30日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0―4ソフトバンク ( 2018年7月29日    ヤフオクD )

4回2死一塁、空振り三振に倒れるアマダー(投手・武田)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 楽天は6月17日に平石監督代行が就任して以来、27試合目で初の零敗を喫し、連勝は4で止まった。武田を相手に散発の3安打で三塁すら踏めず。三振は5個だったが凡打の山に「今日は完敗です。左打者に食い込んでくる、武田の“まっスラ”に最後まで苦労した」と脱帽した。

 9人中5人が左打者で、両打ちの田中も左打席に入り、初回に右前打を放ったが、その後の3打席は凡退。「今までと違った。直球のつもりでスイングに入っても芯を食えなかった」と首をかしげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月30日のニュース