【南神奈川】横浜・万波 ドラフト指名候補入り急上昇 スカウト「可能性は十分に出てきた」

[ 2018年7月30日 09:12 ]

第100回全国高校野球選手権記念南神奈川大会決勝   横浜7―3鎌倉学園 ( 2018年7月29日    横浜 )

<南神奈川大会決勝横浜・鎌倉学園>3回無死二塁、左越え2ランを放つ万波(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の南神奈川大会は29日に決勝が行われ、横浜が鎌倉学園を7―3で下し、3連覇を達成した。4番・万波中正外野手(3年)が先制2点二塁打に加え、左中間に特大2ランを放つなど3安打4打点。春までは不調でドラフト候補入りすら危うかったが、今大会の活躍で指名候補入りの可能性が高まった。

 視察したロッテ・永野吉成チーフスカウトは「フライの内容も良い。一歩間違えたらホームランという当たりだし、可能性は十分に出てきた」と評価。「あとは甲子園に出てくる投手と対戦してどうか」と、チェックポイントを加えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年7月30日のニュース