阪神ドリス、9回登板も悪送球で同点許す 甲子園の虎ファンは…

[ 2018年6月9日 17:18 ]

交流戦   阪神―ロッテ ( 2018年6月9日    甲子園 )

<神・ロ>9回無死一、二塁、清田の送りバントをドリスが一塁に悪送球。同点に追いつかれる。右は大山(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神のドリスが9日のロッテ戦に登板したが、同点を許した。2点リードの9回に3番手でマウンドに上がったが、無死一、二塁のピンチを招くと、角中に適時打を打たれ1点を返された。

 続く清田のバントを三塁線で処理するも一塁へ悪送球、同点に追いつかれた。信じられない展開に、甲子園の虎ファンはため息。一部ファンからは罵声が飛んだ。試合は延長戦に突入した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月9日のニュース