巨人・吉川尚4試合ぶりスタメンで追撃弾「必死にやらないと」

[ 2018年6月9日 05:30 ]

交流戦   巨人4―5西武 ( 2018年6月8日    東京D )

8回に2ランを放つ巨人・吉川尚(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人・吉川尚が4試合ぶりにスタメン復帰した。「必死にやらないといけないと思った」と初回、菊池から左前打して二盗。0―5の8回1死一塁では「点差が開いていたので、つなぐつもりで打席に入った」と右中間席にライナー性の2号2ランを放った。

 反撃ののろしを上げた打線は9回に1点差に詰め寄ったが、2死二、三塁から岡本が見逃し三振に倒れてあと一歩及ばなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月9日のニュース