PR:

ソフトB柳田 松坂に2三振「実力不足かなと思う」

交流戦   ソフトバンク4―5中日 ( 2018年6月8日    ナゴヤD )

2回2死満塁、柳田は豪快にフルスイングし、観客を沸かせる(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 昨季までチームメートだった「平成の怪物」にソフトバンクは完敗した。初回2死から2四球と敵失で満塁としながら松田は中飛。2回は1死満塁から塚田の二ゴロが野選を誘い先制点を奪った。一気に畳みかけたいところで中村晃は空振り三振、柳田も見逃し三振に倒れた。

 4回も二塁に走者を置きながら空振り三振に倒れた柳田は「実力不足かなと思う。チャンスで打てなかったのがすべて。いいところに投げられた」とガックリ。工藤監督も「要所でいいところにボールが決まっていた」と称えるしかなかった。

 ボールが手元で動くうえ、適度に荒れ、てこずった。「的を絞りづらかった。初回、2回のチャンスで点が取れなかったのが反省点」と藤本打撃コーチ。結局、5回で104球を投げさせながら攻略できなかった。

 相手が継投に入った終盤、7回に岩瀬から3連打などで1点差まで詰め寄った。ただ、あと一歩及ばず今季4度目の3連敗。首位西武とは5・5ゲーム差にまで開いた。競り負けた工藤監督は「(1点差は)残念。中盤に駒を使ったので、最後は(選手が)いなかった。出し尽くしたので悔いはない」と、むしろすっきりした表情で振り返った。

[ 2018年6月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム