PR:

大谷が故障者リスト入りへ 8日からのツインズ戦同行せず 約3週間後に患部再検査の予定

ロイヤルズ戦でマメが原因で降板した大谷(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平投手(23)を右肘じん帯を痛めたため故障者リスト(DL)入りさせると発表した。

 7日に組織の修復や再生を図る「PRP(多血小板血しょう)注射」による治療を受けた。チームは8日からミネアポリスでツインズ3連戦を迎えるが、大谷はチームには同行していない。

 チームによると約3週間後に患部の再検査を受け、その後の復帰スケジュールを決めるという。

 大谷は6日にロイヤルズ戦に先発。4回1失点、63球で降板していた。チームは「右手中指のマメの影響」と降板理由を発表。大谷は4月17日のレッドソックス戦でも右手中指のマメの影響で2回で降板しており、マイク・ソーシア監督は「前回と同じ箇所。見た感じでは前回ほどは悪くはないのではないか」と話していた。

[ 2018年6月9日 05:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム