PR:

未勝利対決は痛み分け…ヤクルト原2回3失点、オリ・ディクソンは1回6失点KO

交流戦   ヤクルト―オリックス ( 2018年6月9日    神宮 )

<ヤ・オ>ヤクルト先発・原(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ともに今季未勝利のヤクルト・原(0勝5敗)とオリックス・ディクソン(0勝4敗)の対決は“痛み分け”となった。両投手とも先発の役割を果たせず、原は2回4安打3失点、ディクソンは1回5安打6失点で降板。今季8試合目でも初勝利はならなかった。

 原は初回、先頭の小田を歩かせて1死満塁のピンチを招くと、吉田正に右前適時打を浴びて先制点を献上。味方が一挙6点を奪って試合をひっくり返した直後の2回も立て直すことができず、西野と安達の連打などで2点を失った。

 今季8試合目の先発となったディクソンは初回、無死満塁からバレンティンの三ゴロ併殺打の間に同点とされると、2死一、三塁から藤井、西浦に連続適時打を浴びて1―3と逆転を許す。なお一、二塁から中村に高め直球を左翼席へ運ばれて3ランを被弾。まさかの6失点を喫すと2回の打席で代打を送られ、「先発としての役割を果たせず申し訳ない」と短くコメントした。

[ 2018年6月9日 16:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月21日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム