デーゲーム5試合すべてセ・リーグ勝利!4年ぶり3回目の“セ・全勝”なるか?

[ 2018年6月9日 18:21 ]

<広・楽>7回無死一塁、逆転の2点本塁打を放った松山(44)を出迎えるジョンソン(中央)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 この日のデーゲーム5試合で、すべてセ・リーグのチームが勝利した。ナイターで、巨人が西武に勝つと、4年ぶり3回目のセ6試合全勝となる。

 これまでセ・リーグが6戦全勝したのは2014年6月15日と2008年6月18日の2回。

 交流戦は今年で14年目だが、勝率1位チームは11回パ・リーグが占めており、対戦成績も昨年まで981勝872敗55分けをパ・リーグが圧倒的にリードしている。だが、パ・リーグの6戦全勝は、2006年5月12日、2006年6月7日、2007年5月22日、2015年6月14日の4回となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月9日のニュース