PR:

ヤ軍指揮官 マー君DL入り肯定も否定もせず「通常通り投げても驚きではない」

インターリーグ   ヤンキース4―1メッツ ( 2018年6月8日    ニューヨーク )

メッツ戦の6回、犠飛で三塁から生還後、厳しい表情を見せるヤンキース・田中。右はジャッジ(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(29)は8日(日本時間9日)、敵地でのメッツ戦に先発したが、走塁中に両太腿裏に張りを訴え、5回1失点で降板した。アーロン・ブーン監督(45)は故障者リスト(DL)入りの可能性については、肯定も否定もしなかった。

 試合後の会見。「まだ状態をしっかりと把握できていないので、何とも言えないけど。DL入りしても、そうならず通常通り投げても、驚きではない」と話した。

 また普段はDH制のあるア・リーグで打席に立たない田中が、DH制のない敵地でのインターリーグで負傷したため「やっぱりDHがいいよね。どこの球場でプレーするにしても」とうらめしそうだった。

 負傷の場面は1点を追う6回。1死から田中のゴロを相手一塁手が弾き出塁。その後1死満塁となり、2番ジャッジの浅い右飛で田中がタッチアップから同点の生還を果たした。ただその際に両太腿裏に張りを訴え、6回裏は救援投手を送られて降板した。

 田中は9日(同10日)にチームドクターの診察を受け、今後のスケジュールを決める。

[ 2018年6月9日 12:16 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム