PR:

オリ西村、プロ1号がV弾!ドラ5ルーキー殊勲弾「気持ちだけで」

交流戦   オリックス3―0ヤクルト ( 2018年6月8日    神宮 )

3回2死三塁、西村がプロ初ホームランとなる2ランを左越えに放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトを止めたのはオリックスのドラフト5位・西村だ。3回2死三塁。1ストライクからハフのチェンジアップを捉え、左翼席へ叩き込んだ。先制のプロ1号が殊勲の決勝弾になった。

 「あっという間で感触は覚えていないです。気持ちだけでした」

 逆境をはねのけてきた。青森山田では強肩捕手として注目されたが、SUBARUでは15年5月に右肩関節唇を損傷して外野手へ転向した。プロでは捕手に再挑戦。5月29日の初昇格後は50メートル5秒8の俊足を買われて再び外野出場が中心でも、「与えられたところでやるだけです」と前を向いた。

 グラウンドを離れても苦労人だ。物心付いた時に両親が離婚。トラック運転手の母・有希さん(46)に女手一つで育てられた。野球を始めたのは小学4年生。母は防球ネットを購入し、自宅の庭でティー打撃のトスを繰り返してくれた。「父親代わりの一人二役で支えてもらった。恩返ししたい」。記念球を尻ポケットにギュッとねじ込み、「母に渡します。今日は仕事で来ていないですが、来てくれた時に打てるように」とうなずいた。

 ヤクルト戦は15年6月11日から8連勝へ伸ばし、3位・ソフトバンクに0・5差へ接近。孝行息子の活躍で上位の背中が見えた。(湯澤 涼)

 ◆西村 凌(にしむら・りょう)1996年(平8)2月21日生まれ、滋賀県出身の22歳。青森山田では甲子園出場なし。俊足の強肩捕手として注目を集めるも、社会人のSUBARUで15年5月に右肩を故障し外野手転向。17年ドラフトでオリックスが捕手で5位指名。1メートル78、84キロ、右投げ右打ち。

[ 2018年6月9日 06:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月20日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム