おかわり 今季77打席目でようやく1号「打てて良かった」

[ 2018年6月9日 22:46 ]

交流戦   西武5-8巨人 ( 2018年6月9日    東京D )

<巨・西>8回1死、左越えソロを放ちチームメートとハイタッチする中村(左)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武の中村が今季77打席目でようやく1号本塁打を放った。3―5と逆転された直後の八回1死無走者で沢村の速球を左中間席に運んだ。待望のアーチにも「打てて良かった」と淡々と振り返った。

 これで交流戦は通算182打点となり、DeNAのラミレス監督が現役時代にマークした通算最多記録まであと1に迫った。「これからも打てるように」と先を見据え、引き揚げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月9日のニュース