PR:

マー君 両太腿張り訴え緊急降板 5回1安打1失点好投もメジャー通算60勝お預け

インターリーグ   ヤンキース4―1メッツ ( 2018年6月8日    ニューヨーク )

メッツ戦の6回、犠飛で三塁から生還するヤンキース・田中
Photo By 共同

 ヤンキースの田中将大投手(29)が8日(日本時間9日)のメッツ戦に今季8勝目とメジャー通算60勝目を懸けて先発。5回を投げて1安打1失点、8奪三振と好投を見せたが、両太腿裏の張りのため降板。勝敗はつかなかった。

 田中は初回に先頭打者の1番・ニモに右越えソロを浴びていきなり失点。しかし、その後は4回まで打者12人連続で凡打に切って取る快投。5回は先頭の5番・ブルースに四球を与えたが、続く6番・メゾラコを6―4―3の併殺打、7番・ゴンザレスからは空振り三振を奪い無失点とした。

 この日は指名打者制を採用しないナ・リーグ主催の試合。田中は8番に入り、3回の第1打席は中飛、6回の第2打席は一失で出塁し、その後、三塁へ進塁すると、ジャッジの犠飛で同点のホームを踏んだ。しかし、その際に表情をゆがめてベンチに戻ると、その裏のマウンドには上がらず、田中は球数75で交代。試合は終盤に勝ち越したヤンキースが4―1でメッツを下し、3連勝を飾った。

 田中の降板について、球団は「両太腿裏に張りを訴えたため」と発表。一夜明けた9日(同10日)に再検査し状態を確認するという。

[ 2018年6月9日 09:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月17日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム