PR:

マー君「走っている最中に張り感じた」 キレキレ快投もアクシデントに「フラストレーション」

インターリーグ   ヤンキース4―1メッツ ( 2018年6月8日    ニューヨーク )

メッツ戦の6回、犠飛で三塁から生還するヤンキース・田中 (AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(29)は好調な投球に水を差した負傷降板を悔やんだ。8日(日本時間9日)の敵地でのメッツ戦に先発。6回表走塁時に両太腿裏に張りを訴え、その裏から救援投手を送られ退いた。

 初回、ブランドン・ニモ外野手に先頭打者本塁打を浴びたが、以降は5回終了まで打者15人に対し1安打も許さなかった。唯一四球で出した走者も併殺で片付け、ほぼ完璧に近い投球。アウトの半数以上の8奪三振とスプリットも切れていた。

 「なってしまったものはしようがないので。そりゃあ、あれだけ投球としては乗ってきて。ああいう形でマウンドを降りることへのフラストレーションがないわけではない」

 好投手ジェイコブ・デグロムとの投げ合いでロースコアは覚悟していた。1点を追う6回1死から相手失策により出塁。その後1死満塁となり、ジャッジの浅い右犠飛に全力疾走し、同点の生還を果たした。貴重な1点には違いなかったが、代償も安くはなかった。

 「三塁から走っている最中に張りを感じました。でもこうしてゲームに勝てたことがすごく良かった。自分にできることをこれからもやっていくだけです」と地区首位を堅持する逆転勝ちでの3連勝を何よりも喜んだ。

 一夜明けて9日(同10日)にチームドクターの診察を受け、今後について決める。「明日看てもらうので。今日よりは詳細が分かっていると思う」と診断を待つ。

[ 2018年6月9日 11:57 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム