楽天・辛島 最短3回途中KO「甘い球を一発でいかれた」

[ 2018年6月9日 05:30 ]

交流戦   楽天0―7広島 ( 2018年6月8日    マツダ )

楽天先発の辛島(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 楽天・辛島が今季最短2回0/3でKOされた。3回に先頭・丸に真ん中の122キロスライダーを右翼席に運ばれるなど4失点。「どの球種もコントロールできていなかったしストライクを取れる球がなかった。甘い球を一発でいかれた」と肩を落とした。

 梨田監督も「これまで安定していたが」と首をひねった。打線も散発の5安打で今季6度目の零敗。再び自力優勝が消滅し交流戦も単独最下位となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月9日のニュース