京田 ミス取り返すタイムリー 森監督「あの1点が良かった」

[ 2018年6月8日 22:56 ]

交流戦   中日5―4ソフトバンク ( 2018年6月8日    ナゴヤD )

<中・ソ>4回2死二塁、京田は左前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 中日は同点の4回、高橋の3ランで勝ち越し、さらに2死二塁から京田が適時打を放った。直前の守備で失策を犯していた京田は「ミスを絶対取り返すという気持ちで打席に入った」とほっとした表情だった。

 4点に広げたリードを守って逃げ切った。森監督も「(高橋の後の)あの1点が良かった」と満足げ。チームも最下位から4位に浮上した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月8日のニュース