清宮、正真正銘10号!ネット越え特大弾「飛距離びっくり」

[ 2018年6月8日 05:30 ]

10号3ランを放った清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮がイースタン・リーグのDeNA戦に「3番・左翼」で先発出場。3回、熊原から右中間防球ネットを越える推定130メートルの10号3ランを放った。6日の同戦は降雨ノーゲームでアーチが幻に。一日で打ち直し、リーグ1位の9本で並んでいた巨人・和田より先に2桁に達して「飛距離にはびっくり。久しぶりに真芯で捉えられた」と喜んだ。

 捉えたのは直前に空振りしたのと同じカーブで「空振りで修正できた」。一方、安打を後逸し、前日は雨で記録が消えた初失策まで“再現”した。「失敗して覚えるので前向きに」。慣れない外野は一つ一つが経験だ。

 栗山監督は「大したもんだ」と本塁打を評価した。早ければDH制のある12日の阪神戦(札幌ドーム)で1軍昇格の可能性がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース