丸“超速攻”先制打 わずか4球で「タナ・キク・マル」が1点

[ 2018年6月8日 18:58 ]

交流戦   広島―楽天 ( 2018年6月8日    マツダ )

<広・楽>初回1死二塁、丸は左翼線に先制適時二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・丸佳浩外野手(29)は0―0の初回1死二塁で、楽天先発・辛島から左翼線へ適時二塁打を放って、先制に成功した。

 「打ったのはストレート。コースに逆らわずに上からしっかり叩くことができました」

 この回先頭の田中が初球を右前打にすると、続く菊池も初球を犠打して作った早速のチャンスだった。丸は2球目を適時打にしており、わずか4球で「タナ・キク・マル」が1点と奪う“超速攻”となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース