西武・秋山、菅野から先頭打者弾!今季3本目 またも雄星援護

[ 2018年6月8日 18:11 ]

交流戦   西武―巨人 ( 2018年6月8日    東京D )

<巨・西>1回、ソロ本塁打を放つ西武・秋山(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・秋山が巨人・菅野から先頭打者本塁打を放った。

 西武は菊池、巨人は菅野と両リーグを代表するエース同士の対決となったこの試合。初回の先頭として打席に入った秋山は、カウント2―0からの3球目、外角高めの直球を逆らわずに左翼席へ運んだ。

 秋山は菊池が前回登板した1日の阪神戦(メットライフD)でも先頭打者本塁打を放っている。頼れるリードオフマンが今季3本目の先頭打者弾でまたもエースを援護した。

 菊池と4年ぶりの対決となった菅野。“エース頂上決戦”で先に1点を失った。

 ▼秋山 打ったのは真っ直ぐです。いいピッチャーなので、いい準備をして打席に入りました。先制できてよかったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース