雄星、菅野に投げ勝ち無傷7勝目「挑戦者のつもりで投げられた」

[ 2018年6月8日 21:28 ]

交流戦   西武5―4巨人 ( 2018年6月8日    東京D )

好投する先発の菊池(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 西武・菊池が開幕から無傷の7連勝。尻上がりに調子を上げて7回2安打無失点と好投し、巨人・菅野とのエース対決を制した。

 初回、2回と得点圏に走者を背負ったが無失点。「粘り強く投げられた。特別調子は良くなかったが、銀さんがいいところを引き出してくれた」と女房役の炭谷に感謝した。

 4年ぶりの対決となった菅野に投げ勝ち、「日本一の投手ですし、挑戦者のつもりで投げられた」と笑顔。無傷の7連勝でハーラートップに並んだが、「打線に打ってもらって勝たせてもらった試合も多かったし、離脱もした。これから自分のピッチングでもっとチームに勢いをつけたい」と誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース