ロッテ渡辺またも初勝利お預け 9回2死で追い付かれ…

[ 2018年6月8日 05:30 ]

交流戦   ロッテ8―9中日 ( 2018年6月7日    ナゴヤD )

力投する渡辺(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ロッテは9回2死までリードしていたが、ドラフト5位ルーキー・渡辺のプロ初勝利はまたお預けとなった。4―1の2回無死、追加点の起点となるプロ初打席初安打を放ったが、マウンドは5回4失点と苦しい内容だった。

 2点差の9回は5試合連続登板の守護神・内が同点とされ、4度目の先発でも白星はならず。延長10回サヨナラ負けで連勝は4で止まり、井口監督は「守備(の3失策)が投手の足を引っ張った」とおかんむりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース