中日4位浮上 勝ち越し3ランの高橋、お立ち台で「やりました!」6回繰り返し「すいませんでした」

[ 2018年6月8日 22:19 ]

交流戦   中日5―4ソフトバンク ( 2018年6月8日    ナゴヤD )

<中・ソ>お立ち台でスタンドの声援に帽子を取って応える高橋(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が5―4でソフトバンクに逆転勝ちを収め、2連勝。巨人、ヤクルトが敗れたため、4位に浮上した。

 中日は1―1で迎えた4回、高橋が勝ち越しとなる4号3ラン。最後は1点差で逃げ切り、先発の松坂が5回3安打1失点で古巣相手に勝利を挙げた。

 高橋はソフトバンク先発・千賀が2連続四球で1死一、二塁とした場面で自らマウンドを降りていったんベンチ裏に消え、再びマウンドへ戻った直後の初球を叩いて右翼スタンドへ運んだ。試合後に行われたヒーローインタビューで「貴重な一打になりましたね」と問いかけられた高橋は「はい、貴重になりました」と笑顔。初球を叩いた一撃を「前の打席で凡退していたのでとにかく思い切りいきました」と振り返った。

 そして、4回は千賀投手の投球が変化球多めになってきたのでは?と質問されると「う〜ん」とうなってから高らかに「やりました!」と一言。手ごたえは?「やりました!」初戦を取ることができましたが?「やりました!」チームの空気は今いかがですか?「やりました!」とインタビュアー泣かせの受け答えをした高橋は、これからの戦いに向けて決意をと水を向けられると「やりました!って言いたいんですけど…やりました!!!」と絶叫。竜党から大きな声援を浴びたが、滑ったと感じたのか最後は「すいませんでした」と苦笑いで恐縮していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース