大陽ステンレススプリング逆転サヨナラ 小林が殊勲打

[ 2018年6月8日 05:30 ]

スポニチ後援紅龍旗争奪野球   大陽ステンレススプリング6―5セントラル硝子・宇部工場 ( 2018年6月7日    東京D )

 大陽ステンレススプリングがし烈な接戦を制した。3―3の同点で、大会規定により9回から無死満塁で始まるタイブレークに突入。4―5の延長10回1死満塁から小林が右越えに逆転サヨナラ2点二塁打を放った。「プレッシャーはなかった。ピンチでも楽しく野球ができた」。

 初回に2点を先制も逆転を許し、8回に同点に追いついての勝利。滝沢将浩監督は「次も自分たちの野球をやるだけ」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース