ソフトB松田、神宮で2年ぶりアーチ 亜大時代に通算15発

[ 2018年6月8日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク3―4ヤクルト ( 2018年6月7日    神宮 )

ソロ本塁打を放ちパフォーマンスを見せるソフトバンク・松田 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・松田が亜大時代に通算15本塁打を放った神宮で、2年ぶりのアーチを放った。

 8回に柳田の一発で同点とした直後にバックスクリーンへ13号ソロ。「大学のときにやっていた球場なので、うれしい。勝てれば良かったですけど」と振り返った。次戦に向け「このままズルズルいくわけにはいかない」と切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース