パドレス牧田 マイナー戦で敗戦投手 3連打浴びサヨナラ負け

[ 2018年6月8日 13:33 ]

パドレスの牧田 (AP)
Photo By AP

 パドレス傘下3Aに所属する牧田和久投手(33)が7日の試合でリリーフ登板。3番手の投手として1/3回を投げて3安打2失点の内容で敗戦投手となった。

 牧田は5―4とリードの9回から登板。先頭打者を遊直に打ち取るも、ここから2連打を浴びて1死一、二塁。さらに重盗を決められ、二、三塁とピンチを迎えると、この場面でサヨナラとなる中堅への2点適時打を許した。

 この日は打者4人に対して球数20。1死から3連打を浴び、1点差を守り切ることができなかった。また、課題とされている左打者に対しても2打数2安打と結果を残せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース