巨人・鍬原、一発に泣く 粘投9Kに斎藤コーチ「また階段は上った」

[ 2018年6月8日 08:40 ]

交流戦   巨4―5楽天 ( 2018年6月7日    東京D )

帽子を飛ばしながら力投する鍬原(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 先発2度目の巨人ドラフト1位・鍬原は一発に泣いた。2点リードの3回、連続四球を与えて満塁とし、ウィーラーに初球のスライダーを左翼席中段に運ばれた。「(走者など)余計なことを考えていて、打者と勝負できていない」。

 それでも失点はその回だけで、7回100球を投げて9奪三振。斎藤投手総合コーチは「また階段は上った」と次の登板に期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース