ロッテ 荻野目洋子が国歌独唱 17日巨人戦「佐倉市デー」

[ 2018年6月8日 14:14 ]

6月17日のロッテ―巨人戦(ZOZOマリン)で国歌独唱を行う荻野目洋子(提供写真)
Photo By 提供写真

 ロッテは8日、ALL for CHIBA 佐倉市デーが開催される6月17日の巨人戦(ZOZOマリン、午後2時開始)の試合前セレモニーで佐倉市出身で佐倉親善大使の歌手・荻野目洋子(49)が国歌独唱を務めると発表した。

 1980年代を代表するヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が再ブレイク中の荻野目は「小中学生のころを佐倉市で過ごした荻野目洋子です。千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツの公式戦が『佐倉市デー』となり、佐倉親善大使として国歌を歌う機会をいただいて感無量です」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月8日のニュース