5月MVPを発表 セは大瀬良&アルモンテ パは岸&柳田

[ 2018年6月8日 05:30 ]

5月の月間MVPに選ばれ、ポーズをとる広島・大瀬良
Photo By 共同

 セ、パ両リーグは7日、5月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは広島・大瀬良大地投手(26)と中日のソイロ・アルモンテ外野手(28)がともに初受賞。パは楽天・岸孝之投手(33)が4年ぶり3度目、ソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)が昨年6月以来、5度目の選出となった。

 5年目で初受賞となった大瀬良は「自分なんかが獲れるとは思っていなかったのでうれしい」と驚きの表情を浮かべた。5月は全4試合で白星を挙げ、2完投するなど先発の柱として活躍。「先発である以上は最後まで投げたいという思いが強いので、もっともっと完投できる投手になりたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース