オリ金子、虎にリベンジならず バント失敗「切り替えられなかった」

[ 2018年6月8日 05:30 ]

交流戦   オリックス1―2阪神 ( 2018年6月7日    甲子園 )

3回、阪神打線につかまり苦しい表情の金子(右)=撮影・大森 寛明
Photo By スポニチ

 2年連続で秋山に投げ負けた。昨年、自己ワーストの9失点した借りを返すことはできなかった。オリックス・金子は6回7安打2失点で5敗目。追いついた直後の6回2死一塁、鳥谷に外角チェンジアップを右中間に運ばれ決勝点を献上した。コースは悪くなかったが「もうひとつ低めに投げきれなかった」と振り返った。

 3回、無死一塁で打席が回ったが、送りバントが捕手の目の前に転がり併殺打。「バント失敗しての投球というのが(パ・リーグでは)経験ないので、気持ちを切り替えられなかったのはあるかもしれません」。1死満塁で福留に中犠飛を打たれ先制を許したのも反省点だった。

 福良監督は「よく投げたと思いますよ」と及第点を与えたが、エースにとっては悔しさの残る敗戦だった。 (田中 貴久)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年6月8日のニュース