PR:

日本ハム・清宮 復帰後初のフル出場 無安打も「楽しかった。負けてしまったけど試合は楽しい」

初回2死、一ゴロに倒れる清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が14日、2軍交流戦の阪神戦(鎌ケ谷)に「3番・一塁」で先発し、腹膜炎から復帰後初めてフル出場したが、4打数無安打でまたもや公式戦初安打はお預けとなった。

 阪神の先発・才木に対し、第1打席は149キロ直球を打つも一ゴロ。第2打席は144キロ直球を打ち上げて中飛で、第3打席はフォークを打たされて一ゴロに倒れた。第4打席は尾中と対戦し、146キロ直球を打って中飛だった。

 復帰後初めてフル出場した清宮は「楽しかった。負けてしまったけど試合は楽しい」と笑顔。復帰後は9打席ノーヒットの打撃については「うまく捉えられていない。あとはそこかなと思う」と振り返った。

[ 2018年4月14日 18:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム