日本ハム・清宮 復帰後初のフル出場 無安打も「楽しかった。負けてしまったけど試合は楽しい」

[ 2018年4月14日 18:33 ]

初回2死、一ゴロに倒れる清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が14日、2軍交流戦の阪神戦(鎌ケ谷)に「3番・一塁」で先発し、腹膜炎から復帰後初めてフル出場したが、4打数無安打でまたもや公式戦初安打はお預けとなった。

 阪神の先発・才木に対し、第1打席は149キロ直球を打つも一ゴロ。第2打席は144キロ直球を打ち上げて中飛で、第3打席はフォークを打たされて一ゴロに倒れた。第4打席は尾中と対戦し、146キロ直球を打って中飛だった。

 復帰後初めてフル出場した清宮は「楽しかった。負けてしまったけど試合は楽しい」と笑顔。復帰後は9打席ノーヒットの打撃については「うまく捉えられていない。あとはそこかなと思う」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月14日のニュース