PR:

【ファーム情報】DeNA 楽天に逆転負けで連勝5でストップ

 プロ野球のファームは14日、ファーム交流戦を含めて計6試合が行われた。

 日本ハム―阪神のファーム交流戦(鎌ケ谷)は阪神が7―2。打線は14安打を放ち、江越、北條が2安打2打点。先発・才木が6回4安打2失点で1勝目(1敗1セーブ)。日本ハムは開幕投手を務めたロドリゲスが5回1/3を11安打6失点(自責3)で1敗目(1勝)。

 楽天はDeNA戦(森林どり泉)に4―1で逆転勝ち。先発・近藤は5回4安打1失点で2勝目(1敗)。DeNAは3回に高城の2号ソロで先制も連勝は5でストップ。先発・阪口が6回9安打4失点で3敗目(1勝)。

 ロッテはヤクルト戦(ロッテ浦和)に6―3。同点の7回、三家のスクイズで勝ち越した。15日が19歳の誕生日の安田は1安打1打点。先発・チェンは6回2/3を9安打3失点、2番手・阿部が1回1/3を1安打無失点に抑えて1勝目。ヤクルト先発・梅野は6回5安打3失点。1/3回を1安打1失点の中沢が1敗目。

 巨人は西武戦(西武第2)に4―2。和田が2打席連発の2号、3号ソロを含む2安打3打点。先発・ヤングマンは6回5安打2失点で1勝目(2敗)を挙げた。西武先発・斉藤大は7回8安打3失点で2敗目(1セーブ)。

 ソフトバンクはオリックス戦(佐藤スタ)に11―9で逆転勝ち。9回に6点を奪って試合をひっくり返した。グラシアルが2号ソロを含む2安打3打点。明石が3安打1打点だった。先発・高橋純は4回2/3を7安打6四球で8失点(自責7)。3番手の大竹が2回1安打無失点で1勝目(1セーブ)。オリックスは6番手の榊原が2/3回を3安打6失点(自責5)で1敗目(1セーブ)。

 広島―中日戦(マツダ)は延長10回、4―4で引き分け。広島はバティスタが4号ソロなど3安打2打点。高橋大も3号2ランなど3安打だった。先発・福井は6回7安打3失点(自責2)。中日先発・鈴木翔は7回8安打4失点。2番・荒木が3安打を放った。

[ 2018年4月14日 19:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム