PR:

筑波大、帝京大に先勝 村木7回1失点で2勝目 静高後輩に「負けられない」

首都大学野球   筑波大3―1帝京大 ( 2018年4月14日    小野路 )

7回1失点で2勝目を挙げた筑波大・村木
Photo By スポニチ

 1回戦が行われ、筑波大が帝京大に先勝した。先発の最速147キロ右腕・村木文哉投手(2年)は7回4安打1失点で今季2勝目を挙げ「2回までに2点取ってくれたので落ち着いて投げられた。春先から先発していて状態が良かった」と話した。

 静岡高では1年夏から3季連続で甲子園出場。「あの舞台を踏めたのは大きい」と話す。川村卓監督は「2年生だけど経験豊富なのでマウンで冷静に投げている」と評価した。母校は今春2年連続となるセンバツに出場。村木は「自分たちの代で(3年時に)いけなかったので、うらやましい。負けられないなという気持ちもある」と後輩から刺激を受け、筑波大で真のエースを目指す。

[ 2018年4月14日 15:24 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月20日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム