ドラ1候補日体大・松本、8回14K好投も「自分の甘さ出た」打線援護なく

[ 2018年4月14日 13:02 ]

首都大学野球   日体大0―1武蔵大 ( 2018年4月14日    小野路球場 )

8回14奪三振をマークした日体大・松本航
Photo By スポニチ

 1回戦が行われ、昨秋覇者・日体大は武蔵大に敗れた。先発の最速150キロを誇るドラフト1位候補・松本航投手(4年)は8回で毎回の14三振を奪ったものの、5安打1失点で完投負け。5回に3安打で1点を失ったことを反省し「連打を打たれたのが悔しい。高めにいったツーシームを打たれた。自分の甘さが出た」。

 打線の援護がなかったが、この日は最速149キロをマークし、スプリットも光った。「ピンチで三振が取れたのは収穫。まだまだ決めに行った球が甘く入ったりするので、状態を上げていきたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月14日のニュース