リコー・厚木事業所 大会ルールでサヨナラ8強

[ 2018年4月14日 05:30 ]

スポニチ後援白龍旗争奪野球第2日・1回戦   リコー・厚木事業所(光学)3―2曙ブレーキ工業(自動車) ( 2018年4月13日    東京ドーム )

 リコー・厚木事業所は2―2の8回1死三塁で小島が中犠飛を放ち、試合時間が2時間20分となったため、2時間20分時点で同点でない場合はコールドになる大会ルールによりサヨナラ勝ちを収めた。

 小島は「ゴロを転がそうとしたらフライになった」と照れ笑い。先発・土橋は7回5安打1失点。甲府工で2年春と3年夏に甲子園に出場した右腕は「最近優勝できていないので優勝したい」と6年ぶりVを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月14日のニュース