ロッテ福浦 ゆかりの地でカウントダウンだ 2000安打まで残り30

[ 2018年4月14日 05:30 ]

熊本空港に到着したロッテ・福浦。右は岡田
Photo By スポニチ

 通算2000安打へ残り30本としているロッテ・福浦が、14日からの熊本、鹿児島というゆかりの地でカウントダウンに入る。

 熊本県内には父方の実家があり、駄菓子屋の祖父母の家に帰省するのが楽しみだった。鹿児島は07年まで春季キャンプを行い「しんどい思い出ばかり」と、いずれも思い出の土地だ。角中は第12胸椎圧迫骨折、新外国人のドミンゲスも不振で「DHは福浦が中心になる」と井口監督も明言。「30本じゃまだまだ。10本切ってからだね」と42歳はかわすが、数字が減るたび周囲の期待は高まっていく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月14日のニュース