PR:

大谷 今季3度目のマルチ安打 7番DHでスタメン7試合連続安打

ア・リーグ   エンゼルス5―4ロイヤルズ ( 2018年4月13日    カンザスシティー )

<ロイヤルズ・エンゼルス>2回1死、左翼線に二塁打を放つ大谷
Photo By スポニチ

エンゼルスの大谷翔平(23)は13日(日本時間14日)、敵地カンザスシティーで行われたロイヤルズ戦に「7番・DH」で先発出場した。メジャー初の二塁打を放つなど4打数2安打で、今季3度目のマルチ安打を記録。チームは5―4で勝利し、6連勝した。

 メジャー通算92勝ベテラン右腕ジェーソン・ハメル投手(35)と対戦した2回1死からの第1打席で、メジャー初の左翼線二塁打を放った。2ボール2ストライクからの直球を捕らえた。

 4回無死一塁からの第2打席は、フルカウントからファウルを続ける粘りを見せたが、空振り三振だった。

 6回1死一塁からの第3打席は、2番手ルーキー左腕ヒルと対戦。1ボール1ストライクからの3球目を叩き、二ゴロだった。

 8回無死一塁からの第4打席では、2ボール2ストライクから中前打を放ち、今季3度目のマルチ安打を記録した。その後、三塁まで進み、キンズラーの中犠飛で、勝ち越しの生還を果たした。

 試合後、メジャー初の二塁打を「いい所に(打球が)落ちてくれた」と振り返り、逆転につながる8回の中前打については「チャンスをつくることができてよかった。キレのあるカーブがある投手なので、(カーブが)あると思ったけど、難しいところをヒットできた」と納得の表情。16日(同17日)には今季3度目の先発マウンドに上がる予定で「いい流れで来てますし、きょうも素晴らしいゲームだと思うので、波に乗っていいピッチングができるように頑張りたいと思います」と誓っていた。

 大谷は第1打席の二塁打で、スタメン出場では7試合連続安打。前日12日(同13日)のロイヤルズ戦では「8番・DH」で先発出場し、4打数1安打3打点。7回に走者一掃となるメジャーで自身初の三塁打を放つなどしていた。

[ 2018年4月14日 12:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム