ロイヤルズ 自閉症の外野手とマイナー契約 独立リーグでは新人王

[ 2018年4月14日 09:50 ]

ロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアム (AP)
Photo By AP

 ロイヤルズは13日、タリク・エルアーバー外野手(25)とのマイナー契約に合意した。チームの公式サイトによると、エルアーバーは自閉症を抱えた初のプロ野球選手とされている。

 エルアーバーは大学卒業後にニューヨークの独立リーグでプレー。ルーキーイヤーの2016年には122打席に立ち、打率3割2分3厘で新人王に選出されたという。

 ロイヤルズのピコロGM補佐は「野球に対するひたむきさと情熱を持っている」とエルアーバーを評価。「我々はどの選手に対しても均等に機会を与えており、エルアーバーとの契約はそうしたチームの考えにマッチした結果である」と続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月14日のニュース